FC2ブログ
大学3回生の時、学習塾を創業。この道一筋に、生徒のため・保護者様のため、がむしゃらに頑張って27年。自慢の教え子は3000余名。「教育平成維新」をスローガンに、志高き若人の育成に邁進します。
ロボット
robot.gif

育志館では、小学生を対象に「ロボット教室」を開講していますが、その監修をしておられる、高橋智隆氏の記事が京都新聞に掲載されておられました。

高橋先生は、テレビや雑誌でも有名な方ですが、また、ロボットの進化の歴史に新たなる足跡を残されたみたいです。

《京都新聞より》
京都大発のベンチャー企業「ロボ・ガレージ」(京都市左京区)は27日、世界最高の垂直跳び8センチのジャンプ力を誇る人型ロボット「ロピッド」を開発したと発表した。

 ロピッドは高さ38センチ、重さ1・6キロ。高くジャンプしても転倒しないよう、脚の関節をベルトで結んで連動させる新技術で、足腰を強くしつつ安定性をアップ。脚(長さ16センチ)の半分の高さまで跳び上がらせることに成功した。

 29カ所の可動部と音声認識システムを備え、走ったり、あいさつしたりできる。今回は検証用としての開発だが、家庭用ロボットへの技術の応用や、出演する映画の製作も検討するという。

 制作者で、京大を拠点とするロボ・ガレージ代表の高橋智隆社長は「ロボットと人との円滑なコミュニケーションには、ロボットのさまざまな動きが必要。より身近なロボットの開発に生かしたい」。

こんなすごいことはできませんが、高橋先生が作ったプログラムにそって「ロボット講座」の授業を進行中です。いつからでも受講可能です。また、体験授業も実施しております。興味をもたれた方は育志館にご連絡ください。

高橋 智隆先生ホームページ


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック