FC2ブログ
大学3回生の時、学習塾を創業。この道一筋に、生徒のため・保護者様のため、がむしゃらに頑張って27年。自慢の教え子は3000余名。「教育平成維新」をスローガンに、志高き若人の育成に邁進します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
活躍する教え子
FB2.gif

先日もこの場に書かせて頂きましたが、私はfacebookのユーザーで多くの教え子たちと繋がっています。
そして、本日はまた、教え子の一人よりうれしいメッセージが届きました。紹介いたします。

■ ■ ■
こんにちは、光田先生。●●●●です。変わらずお元気でしょうか。前にお会いしたのは確か4年くらい前だったと思います。
実は今、僕はイギリスのロンドンにいます。ちょうど12週間の語学研修を終えて明日出国して日本に帰ります。帰国したらまた忙しい日に戻ってしまうのでその前に、光田先生に連絡したいと思ってフェイスブックにきました。少し長くなりますが、時間のあるときに読んでください。

中学生の時、光田先生に英語を教えてもらったおかげで当時はかなり英語ができました(笑)他の人に自慢をするとひんしゅくを買うのでしませんが、中学三年間で15回くらい中間・期末テストがあったと思いますが、英語は100点×1回を含む95点以上しかとったことがありませんでした。確か北大路のテストで英語の偏差値85とったこともあったと思います。このように過去の栄光にすがるのは良くないですが、光田先生にしかわかってもらえないので言ってみました。中学生の頃は将来、外交官になりたいと思っていたこともありました。

しかし、好事魔多し、高校、大学とクラブ活動に明け暮れて結局その後、英語を全然勉強しませんでした。あの当時の志はどこへやら・・・。社会人になってから、中学当時の英語を使って海外で仕事をしたい、という思いが忘れらずその後もこつこつと勉強を続けました。働きながら時間を見つけて英語の勉強をするのはなかなか大変で、入社一年目はTOEIC500点、毎年50点ずつしかあがらず6年くらいかかって800点まできました。その間には、NOVAの倒産にひっかかって30万くらい損したこともありました(苦笑) ちょうど2年前に念願の海外の仕事をするようになり、この度やっと会社から授業料と滞在費など費用を負担してもらって、3ヶ月の語学研修に行かせてもらいました。その結果、CEFALでB2(upper intermediate)まで伸ばすことができました。この3ヶ月間、無遅刻無欠席で語学学校に通いましたが、本当に英語の授業が楽しかったです。好きこそ物の上手なれ、とよく言いますが、僕自身、英語が大好きです。

語学学校の先生からよく言われたのは、僕の英語は文法的にかなり正確で、典型的な日本人とはちがって発音がきれいだということです。文法については中学卒業以降あまり勉強した記憶がありません。つまり、中学の時に光田先生の授業をしっかり勉強していたおかげで、英語の母国である英国人も認める英語ができるようになったこと、それから英国人の先生たちは日本の英語の教育水準は高いと言っていましたが、その中でも僕の英語は他の日本人にも引けをとりませんでしたから光田先生の英語の授業は本当にレベルが高いこと、このことを伝えたくてメッセージを書いています。ここまで長くなってしまい申し訳ありません。

最後になりますが、今回の留学で一番印象に残った授業についてお話したいです。もしかするとご存知かもしれませんが、アップルの創始者スティーブ・ジョブズ氏のスタンフォード大学でのスピーチです。youtubeで「steave jobs stanford」と検索すると見られます。日本語字幕付もあります。最後の、Stay hungry, stay foolishというメッセージがとても印象的です。僕もそうでありたいと願っています。

また京都に帰った際は是非お会いしたいと思います。

                                         ■ ■ ■  

何とうれしいメッセージでしょう。また、しっかりとした目標、そして遣り甲斐を見つけて仕事そしている様子、頼もしく思います。過分のお褒めの言葉もいただき教師冥利に尽きます。

●●くん、益々のご活躍を祈念しております。こちらに戻ってきた際はお酒を飲みながら大いに語り合いましょうね。楽しみにしています。ありがとう!                              
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。