FC2ブログ
大学3回生の時、学習塾を創業。この道一筋に、生徒のため・保護者様のため、がむしゃらに頑張って27年。自慢の教え子は3000余名。「教育平成維新」をスローガンに、志高き若人の育成に邁進します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
是非に及ばず
image[2]


「是非に及ばず」

織田信長公らしい、実に心に響く、私の大好きな言葉です。

「明智光秀謀反!」の報を聞いた織田信長は、「是非に及ばず」と言い放ち、すぐに弓を手にしたといいます。光秀は万全の勝算をもって攻める男ですから、ことここに至っては「是非もなし」と悟るや、弓を取り矢が尽きるまで射続け、次には槍を取って応戦しましたが、もはやこれまでと、命運尽きたことを悟ると、槍を捨て奥の間に退き、火を放って炎の中で自刃しました。

「是非に及ばず」調べてみますと

当否や善悪をあれこれ論じるまでもなく、そうするしかない。どうしようもない。しかたがない。やむを得ない。
とありますが、「是非に及ばず」と悟ってもなお闘い続けた信長が槍を捨てたのは、最後の最後でした。

受験生のみなさん
是非に及ばず、と言った信長の心境まで頑張りぬき、最後までやり抜き、やり通す・・・。そのような受験体験はできているでしょうか?
明日から、公立高校適性検査・推薦入試・特色選抜、そして公立高校一般入試と、高校受験の最終コーナーにさしかかります。

「是非に及ばず」の心境で受験を迎えることができたなら、受験を通して大きく成長できるはずです。さあ、ゴールまで全力で駆け抜けてください。そして是非を超えた結果を楽しみに待っています。

頑張れ、育志館第2期生!!!


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。