大学3回生の時、学習塾を創業。この道一筋に、生徒のため・保護者様のため、がむしゃらに頑張って27年。自慢の教え子は3000余名。「教育平成維新」をスローガンに、志高き若人の育成に邁進します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
教育的配慮
先日、こんな記事を見つけました。

■■■
中学・高校(公立・私立問わず)などの入学試験で、塾関係者による「応援団」や「決起集会」への対応に学校側が頭を悩ませている。今月、兵庫県内各地で行われた入試でも、のぼりや鉢巻き姿で大声を上げ気合を入れる光景が見られた。ほかの受験生や保護者から「萎縮する」との苦情が上がっており、学校側が自粛を呼び掛ける動きも出ている。

確かにそうです。
手塩にかけて鍛えてきた大切な塾生を応援する、そんな気持ち当たり前です。でも、受験会場まで押しかけて応援する意味なんてあるのでしょうか?
「どこかの塾が始め、うちの塾もいかないとカッコがつかない・・・」、こんなノリで周りの迷惑も考えずに、また、自塾の旗を掲げ、横断幕をめぐらし、単なる売名行為ではないのでしょうか?モラルのかけらもない!

どこかの学校関係者から聞いたことがあります。「大変迷惑だ!」と。
学校だけではないと思いますよ。他塾の生徒など眼中になし、ましてや塾に通わずに受験を迎える子もいます。そんな、他大勢という状態の中で、騒ぎ立てる。少し恥ずかしくないですかね!

受験会場に向かう子供の一人一人が大きな緊張感で一杯なはずです。自塾以外のその他大勢は、それを見て、何を感じるのでしょうか? 受験会場まで応援(?)に行って騒ぎ、そこで受験生の合否が大きく変わるのでしょうか?
「自分さえよければ・・・」、日本人の精神に反し、やはり恥ずかしいですよね。

教育の世界に身を置く者、そろそろその愚かさに気づくべきです。
自塾の教室で、静かに「頑張れよ!」と、祈り応援している塾人、こちらの方がよっぽど愛ある塾人であると感じるのは私だけでしょうか?
スポンサーサイト
公立高校中期選抜プレ模試
pure.jpg

いよいよ、京都府公立高校前期選抜入試まで2日を残すのみとなりました。育志館では、中学3年生は、2S受験勉強完成会でほぼ毎日緊張の中、真剣な面持ちで最後の追い込みをかけています。

そんな中、本日は「公立高校中期選抜プレ模試」を実施しました。
公立高校の志望校(専門学科を除く)を決める際、一番決め手となるのは、学校が実施している「実力テスト」(200点満点)ではないかと私は思っています。
しかし、その実力テスト実施は様々な都合上でしょうか、6・9・10・11月です。11月で終わってしまうのです。11月から3月初旬までずいぶんと勉強できますよね。また、気持ちも盛り上がっていますのでその勉強の成果は驚くものがあります。

実際育志館の生徒は、平均して11月の実力テストよりも本番のテストでは20点ほど上回る得点を記録します。
ですから、今、現在の得点力を正確に把握して、願書提出先を決めることが大切になってきます。
ということで本日のプレ模試実施になったわけです。

その結果ですが、やはり11月よりもほとんどの生徒が得点を伸ばしてきています。中期選抜まではまだ20日残されています。まだまだ伸びそうです。

育志館第6期生、期待できそうです。頑張れ!!!
2015 中学受験結果
2.jpg

本日、奈良教育大学附属中学校の合格発表をもってすべての生徒の中学受験が終了いたしました。

育志館第6期中学受験生、本当によく頑張りました。6期生は素直な子供たちのクラスで、各講師の言いつけを守って頑張り抜きました。6期生の勝利の原因は「素直」それとチームワークの良さだったと思います。

また、受験生それぞれにもそれぞれのドラマが今年も展開されました。小テストで不合格になり、しょっちゅう泣いていた生徒も見事合格。少年野球を続けながら頑張りぬいた生徒、見事合格。野球と勉強の両立、本当に大変だったでしょう!「野球をする分、勉強も頑張ろう!」と約束し、学校が終わるとすぐに塾に来て、そして夜遅くまで勉強、頑張り抜きました。他の人が憧れる中学校に合格しながら、さらに上をめざし、高校受験でもっと頑張ると決意した生徒・・・。
みんな、本当に受検を通して成長しました。講師一同、皆さんを誇らしく思います。

本当に合格おめでとう!!
また、保護者の皆様、ご協力ありがとうございました。彼ら彼女ら本当にたくましくなりました。きっと、次なるステージでも大活躍してくれると確信しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。