大学3回生の時、学習塾を創業。この道一筋に、生徒のため・保護者様のため、がむしゃらに頑張って27年。自慢の教え子は3000余名。「教育平成維新」をスローガンに、志高き若人の育成に邁進します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏季休暇
natukyuuka.gif

暑い夏が続いております。進学の名門 育志館でも、講師・生徒たちが
“熱い夏”を展開しております。頑張ってます!

ここで、講師も生徒も一休み。12日より17日は夏季休暇とし、全授業
を休講とさせていただきます。

育志館の「勝つ夏」は19日より後半戦がスタートします。
後半戦は熱き授業はもちろんのこと、①「高校入試 中3生親子学習会」
保護者対象②「子育てコーチング」、塾生対象③「やる気アップコーチング」
とイベントも盛りだくさんです。ご期待ください!

後半戦も全力で頑張りたく思います。そのためにもエネルギー充填200%
、ゆっくりと夏季休暇を過ごしたく思います。

皆様も、充実の休暇をお過ごしください。
スポンサーサイト
感動した!
toin.gif

先日、大阪桐蔭中学高等学校の学校説明会があり参加しました。
久しぶりの学校での開催で新鮮に感じました。説明会が終了し、
その後、吹奏楽部のマーチングを新しく完成した体育館で披露
してくれるというので見せていただきました。

大阪桐蔭の吹奏楽部といえば関西を代表する名門です。
どんな演奏を披露してくれるのか期待度は最高値をマークしつつ
会場へ・・・。

素晴らしかったです!感動しました!

これこそ学校、学校にしかできないことであると。
部員が指導者の下一丸となり一つのことを完成させていく、そして
みんなで感動を共有する。クラブ活動の醍醐味を再認識してしまいました。

でも、「学校にしかできないこと」と言い切ってしまうと、私の反骨精神が
湧き上がってきます。塾での活動、授業にも何かヒントがあるはずだと・・・。

感動ある企画、感動ある授業。

常にこれを心がけ実践したく思います。

いやぁ、本当に感動しました。若いっていいですね!恥ずかしながらうるうる
してしまいました。

涙といえば、先日テレビで、「涙活」なるものを見ました。


涙活とは
1か月に2~3分だけでも能動的に涙を流すことによって心のデトックスを図る活動。
離婚式プランナー寺井広樹氏が提唱。
泣ける映画・音楽・詩の朗読など毎回テーマを変えて
月に1度、「涙活」を開催しています。

だそうです。

涙も活動して流さなくてはならない時代になったのでしょうか?
私なんか、歳を重ねたおかげでしょうか、あらゆるところに感動を発見し
あらゆるところで涙活してしまいます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。