FC2ブログ
大学3回生の時、学習塾を創業。この道一筋に、生徒のため・保護者様のため、がむしゃらに頑張って27年。自慢の教え子は3000余名。「教育平成維新」をスローガンに、志高き若人の育成に邁進します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奈良政経アカデミー
horisi.jpg

先週の日曜日は今年最初の奈良政経アカデミーの勉強会があり参加してまいりました。

■講師:保利 耕輔氏 衆議院憲法審査会会長/自由民主党憲法改正推進本部長

■講演項目
1.自民党草案の作成過程
2.国民投票と改正条項(憲法96条)
3.現憲法の基本理念とポツダム宣言
4.前文の問題点、英語と日本語
5.自衛権と正当防衛権
6.天皇元首論
7.緊急事態の考え方
8.一院制か二院制か
  その他

保利氏は下の写真、「日本国憲法改正草案」(自民党案)をまとめた中心人物である。

今回の参議院議員選挙の争点に必ずなる憲法改正問題を実にわかりやすく解説してくださいました。
勉強になりました。

・マッカーサー草案の原案はポツダム宣言にあり
・3分の2の発議→衆議院はどうにかなっても3年毎に半数改選される参議院がむつかしい
・国民投票にかける際、改正項目をすべて一挙に提示すると国民の過半数の支持は得られない
 よって、細切れに改正案を提示すると目指すべき改定完成には10~15年かかる。
・96条について→過半数で発議としているが、5分の3あるいは7分の4も考えられる。
 衆議院5分の3 参議院過半数
・参議院は存続させ、選挙を通さない選ばれ方をさぐる
 
さて、今後自民党(政府)はどのような改正案を出してくるのか楽しみです。
私は憲法改正に賛成する者です。安倍晋三内閣総理大臣には頑張ってほしく思います。

※下の冊子是非ご一読ください。勉強になりますよ!

souan.jpg
スポンサーサイト
龍谷大学付属平安中学高等学校
heian2.gif

5月31日は、龍谷大学付属平安中学高等学校の塾対象説明会に行って参りました。
塾対象の学校説明会もほとんどの学校が実施するようになり、一昔前に比
べれば私学の情報がよく伝わってくるようになりました。

でも、この説明会、回を重ねるにしたがってマンネリ化してしまっており、
何ら有益な情報を入手(提供)できずに終わってしまう学校も多々あります。
私学の先生方もこのあたりはよくご承知のようで、先生方にお会いすると、
「光田先生、今年の説明会、どのような趣向を凝らしましょう?」と、尋ね
られることがよくあります。

私がその時お応えするのは、第一に、「貴校の学力アップ策を目に見える形
で示してほしい。どのような手法で、どのような教材を使って、どの時期ま
でにどのくらいまで学力を伸ばすのか?」をプレゼンして欲しいと・・・。

塾の先生が知りたいのは学力アップへのノウハウ、入学後の生徒の学力を
どのようにして、どこまで伸ばして、どの大学へと導いてくれるのか、そ
してその策がその学校を受験を志す塾生に合致しているのか?を知りたい
のです。

さて、龍谷大学付属平安中学高等学校の説明会ですが、前述に対する説明
は不足していたように思います。私にははっきりと学力アップ策は見えて
くる説明ではありませんでした。

第二に、「私学ですから建学の精神をもっと表に出してそれを説明してほ
しい、そしてその想いを塾生に、保護者の方々にお伝えしたい」ともお応
えします。

今の時代、心の教育を求める声は多いと感じています。また、心がしっか
りと強く育てば受験にもそれは大きく影響を及ぼすはずです。
平安は「親鸞聖人のみ教えにもとづく心の教育を謳い、宗教的情操の涵養
を理念とする。」と建学の精神を掲げています。

今回は、校長先生が、「無財の七施」のお話をしてくださいました。その
中でも「言辞施」を重視していると、この種の話は私は非常に興味があり、
ドライと言われる現代の子供たちも実は求めている話の内容であると思い
ます。宗教校だからこそできる実に貴重で奥深い教育であると感じた次第
です。

平井校長補佐が、準備万端、平安のみならず私学全体の状況を踏まえた他
校を圧倒する説明をされました。
「平安の教育改革」と銘打って

順調な受験生・入学者数の増加、女子入学者数の推移、専願受験生数の
増加、そして生徒の学力アップ・・・
さすが京都を代表する人気私学です。

しかし、一つ注文をつけるならば、大学合格状況が物足りないというこ
とでしょうか?
■国公立大学26名 ■関関同立105名(延べ人数)

我が塾の生徒もそうですが、3つあるコースのうちやはり龍谷大学へ進学
できるコースに人気が集中しています。
この状況を考えると、上の数字は仕方がないかなとも思いますが、このあ
たりのジレンマを解消すべく平井校長補佐の剛腕が発揮されるものと考え
ます。平井校長補佐ならば、「付属校であり、他大学への進学にも強い」
高校を創り上げていくものと確信しています。

最後に来年度の変更点です:コースのコンセプトをよりはっきりさせるために

■クリエイト→プログレスコース(龍谷大学連携コース)
■プログレス→選抜特進コース(国公立・有名私大進学コース)
 到達目標:中堅国公立大50名以上 関関同立=卒業生数

※我塾より、今年プログレスコースへ進学した二人が、自習室で勉強させて
ほしいとやってきましたので頑張っている姿を激写です。
クラブ活動にも参加し、勉強にも頑張っていると報告を受けました。

heian1.gif
鏡開き
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。