大学3回生の時、学習塾を創業。この道一筋に、生徒のため・保護者様のため、がむしゃらに頑張って27年。自慢の教え子は3000余名。「教育平成維新」をスローガンに、志高き若人の育成に邁進します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
教え子よりのメッセージ
image[2]

私はfacebookのユーザーで多くの教え子たちと繋がっています。
そして、本日は教え子の一人よりうれしいメッセージが届きました。紹介いたします。

■■■
光田先生、ご無沙汰しております。
今年からは東京で頑張っております。先生も益々教育に力を注がれているようですね。
中学の時、先生の塾で勉強したことが私の人生に大きく影響していると思います。高校の選択というのは、本当に重要だと思うので、是非生徒達に力をかしてあげて欲しいと思います。
今更ですが、大学のときはバイトさせて頂き、ありがとうございました。教えることの難しさを学ばせて頂きました。  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

彼は、堀川高校へ進学し、その後京都大学で学んだ教え子です。
高校受験の時は優秀であるが故にお母様とともに悩みました。(贅沢な悩みですが・・・)でも一緒に悩んだ後の選択は間違いがなかったと感じてくれている様子、うれしい限りです。

今年も、中学受験、高校受験とも、受験校を決める最終段階に差し掛かってまいりました。各自の適性を見極め、生徒、保護者双方が納得のいく受験校を提案したく思います。また、その選択下学校への合格が実現するよう、全力で指導してまいります。

育志館・第4期生の皆さん、しっかりと着いてきてくださいよ!
スポンサーサイト
塾の中の塾 若松塾
GTI.gif


本日は、師匠に、「光田君、塾の中の塾、塾の原点を貫く塾が神戸にある。その塾で創業者の講演会がある。
きっと光田君の塾人としての人生に大きく影響を与えるから聞きに来なさい」とのお誘いを受け、神戸の若松塾へ
井沢督二理事長の講演会に参加してまいりました。

実は私、井沢理事長とはFaceBook上ではお友達、いつも井沢理事長の熱い生き方に刺激を受け「いいね」をクリックしている井沢ファンの一人です。
でも、実際にお会いするのは今日が始めて、期待感いっぱいで講演を拝聴、本当に熱い、塾人の中の塾人、そして塾教育の本道をまっしぐらに進む、まさしく私の目指す塾の姿がそこにあり、今後の展開の方向性が定まる、また今までの方針に自信を与えていただいた有意義な時間でした。

「全ては生徒のために」
「生徒からお金をもらって教える」のが、プロ講師である、その認識を徹底せよ。
「生徒を自分のペースで牛耳られないで教師と言えるか」
「勉強しかできない子に、幸せな未来はやってこない」
「よく学び、よく遊べ」
「人間教育を考える若松塾で教壇に立っていることを忘れてはならない」
「看板に偽りがあることを最も恥じるべき」
「独自の指導法・説明法を工夫し、名物教師を目指せ」
「社員は会社の宝」経営者は「全ては社員のために」
「去年と同じだったは、同じでない。完全なる退歩だ」
「時間は生徒のため、そして社員のために使う」
「感動のキャンプ、ピクニック、卒業式、卒業文集、学習合宿」・・・

人間教育もする 若松塾 創業以来55年、看板に偽りなしの教育を実践してきた証が社風にありありと感じ取れました。
塾とは何なのか、地域の一教育機関としての塾の果たすべき使命は何なのか、明確な答を持った最高の塾、塾の中の塾でした。
最後に井沢理事長が、「55年間第一線でやってこれたのは、、、嘘をつかずに誠実に続けてきたからです」と、井沢先生らしい、若松塾らしい一言でした。感動しました。

私も頑張ります!塾人を極め、塾の中の塾・育志館を築き上げたく思います。
井沢先生、ありがとうございました。また、師匠、ありがとうございました!

siryou.gif
第4回奈良政経アカデミー
サイズ変更ウィザード-1

本日は「奈良政経アカデミー」の第4回目の勉強会に参加してまいりました。
この勉強会は、自民党衆議院議員・高市早苗代議士が校長を務める全6回の勉強会です。

本日の勉強テーマは
■道州制と関西広域連合について
■講師:奈良県知事公室政策推進課課長 青山幸嗣氏
...
近い将来わが国の仕組みを変えるであろう道州制とは何なのか、関西広域連合はなぜ成立したのか、よく理解できました。それにしても、今の政治は地方も国も、維新の会の代表である橋下氏の人気に怯えて、橋下氏の発言に左右されつつ大きく動いているのだとつくづく感じさせられました。

私は橋下氏の実行力は認めますが、彼に日本を託すには時期尚早であると考える一人です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。