FC2ブログ
大学3回生の時、学習塾を創業。この道一筋に、生徒のため・保護者様のため、がむしゃらに頑張って27年。自慢の教え子は3000余名。「教育平成維新」をスローガンに、志高き若人の育成に邁進します。
哲人訓5
セネカ

哲人シリーズ、各方面で好評です。本日は第5弾。

生徒諸君へ!

西洋の哲人たちが残した永遠の名言を記します。考えてください。

「どの港に向かって航海しているかを知らなければ、どんな風も順風ではない」(セネカ)

ただ、波の流れにまかせて進んでも、目指すところへは到達できない。
何事も明確な目的を持ち、それに向かって行こう。という意味です。

前回のこのブログで紹介した中学3年生たち、まさに目指すべき港が彼ら彼女らの目にははっきりと見えています。だから、強い意志のもと突き進んでいるのですよね。

先日、非受験学年の生徒を対象に三者懇談会を実施いたしました。
彼ら彼女ら、あるいはその保護者の方々もまだ目指すべき港がはっきりと定まっていません。

そこで、こちらとして生徒達の適性を考えて、進路の提案をさせていただきました。そして、そこに進むにはどうすればよいのか、学習法、そして学校でとっておかなければいけない成績の基準、そして模擬テストでの偏差値基・・・。

いろいろと話しを進めていくうちに、今の自分が目指すべき港がぼんやりとでも見えてきたのではないでしょうか。育志館では、「目標を持たずに勉強する」、このような状況にならないように常に明確な目標のもと勉強できる環境とシステムをつくっています。

でも、生徒の皆さん、目指す港は途中で変更してもいいのですよ。その時はまた先生と一緒に考えましょう。

ルキウス・アンナエウス・セネカ(ラテン語: Lucius Annaeus Seneca、 紀元前1年頃 - 65年4月)は、ローマ帝国ユリウス・クラウディウス朝期の政治家、哲学者、詩人である。父親の大セネカ(en)と区別するため小セネカ(Seneca minor)とも呼ばれる。第5代ローマ皇帝ネロを幼少期には家庭教師として、また治世初期にはブレーンとして支えた。ストア派哲学者としても著名で、多くの悲劇・著作を記し、ラテン文学の白銀期を代表する人物と位置付けられる。


スポンサーサイト