FC2ブログ
大学3回生の時、学習塾を創業。この道一筋に、生徒のため・保護者様のため、がむしゃらに頑張って27年。自慢の教え子は3000余名。「教育平成維新」をスローガンに、志高き若人の育成に邁進します。
頑張ってます!
gannba1.gif

はや、10月も半ば、育志館一期生の心も受験モードになっております。
「何のために勉強するの?」、答えは様々でしょうが、この質問に対する、明確な答えを持つ子は少ないのが現実です。でもこの時期ならば、みんなが声をそろえて、「志望校に受かるため!」とはっきり答えます。ここまできたら、正解です。

目標も、目的もはっきりしたら、頑張るしかありません。でもここからが我々塾人の最後のツメです。頭の中では「勉強しなくては!」とわかっていて、①実際に勉強に励む子、②できない子、どうぢても二つのタイプに分かれてしまいます。

①のタイプの子は、やるべきことをやっていますから、プレッシャーを感じつつも気持ちが楽です。しかし、②のタイプの子は、「やらなければ!」と、意識しつつやっていない現実を本人が一番よくわかっていますので、いつも大きなプレッシャーをかかえながら、受験生活を送ることになります。

②のようなタイプの子は、とにかく授業がなくても教室に来させ、一緒に受験スケジュールをこなしてやります。過保護と言われるかもしれませんが、リズムをつくってやると最終的には一人で取り組めるようになってきます。これが受験を通しての成長の一つかもしれません。

要するに最後のツメとは、「生徒達の心を真の受験生に切り替える作業」のことです。心の状態の管理、教室の雰囲気、クラス全体の雰囲気・・・、すべてを受験モードで管理する。

ワンゼミ一期生、よく頑張っています。それぞれが確かな目標を持ち、やるべきことを認識し・・・、期待できそうです。

中学受験コースの生徒達、「先生、気持ちを盛り上げるため、僕達にハチマキを巻かせてください!」と自分達から言ってきました。
早速ハチマキを用意しました。生徒達はそれぞれの決意と想いをハチマキに書き、しっかりとそれを頭に巻いて頑張っています。

最後まで全力で応援するからね~!一緒に頑張って、みんなで桜満開の春を向かえよな~!!!

ganba2.gif

スポンサーサイト