FC2ブログ
大学3回生の時、学習塾を創業。この道一筋に、生徒のため・保護者様のため、がむしゃらに頑張って27年。自慢の教え子は3000余名。「教育平成維新」をスローガンに、志高き若人の育成に邁進します。
ありがとうございます。
akasi.jpg
昨日、教室に行くと郵便受けの下に紙袋が、「なんだ!」と開けてみると、手紙が添えられて、お酒が二本入っていました。

その手紙には、「ブログを拝見して、育志館開校を知りましたので早速お祝いにまいりました。近いうちにお会いしてお話ししたいですね。光田先生の成功とご健勝とご多幸をお祈りいたします。」と書かれていました。
塾仲間からのものでした。南京都高校に負けず塾人も温かい人が多いですね。涙が出るほど嬉しかったです。本当にありがとうございます。
スポンサーサイト



南京都高等学校
昨日は、南京都高等学校の田邉校長先生と小野先生が、ブログを見て「開校おめでとうございます」ということで、実に見事なお花を届けて下さいました。
本当にありがとうございました。

私のブログでも、以前何度か、南京都高等学校については書かせていただいたことがあるのですが、自校のポジションを明確に定め、そのポジションでの使命を真摯に追求している学校であると感じています。
また、先生方の人柄が実に温かく、お話しをさせていただくと、こちらも心が温かくなってくるような雰囲気を持った先生方が集っているような気もします。いや、南京都という学校組織そのものが温かいのかもしれません。

今年は、「観光」をキーワードに日本と世界の架け橋となる人材を育成するコース、「ビスタコース 」をスタートさせました。少し心配していたのですが、やる気に満ちた優秀な生徒が入学してきたのだそうです。そして、フィールドワーク、「使える英語」と「受験の武器となる英語」を両立させる「アクティブ・イングリッシュ」などの授業を順調に進めているそうです。
また、「観光甲子園」なるものにもエントリーし、地元精華町の観光スポットをアピールしていくのだそうです。地元に根ざした学校運営を考えている南京都高校らしい企画だと感心しました。

今後ますます発展していく学校の一つだと思います。
地元塾の一つとして、何かお手伝いができることがございましたら、いつでもお声をかけて下さい!
昨日は本当にありがとうございました。hanaminamikyoto.jpg