大学3回生の時、学習塾を創業。この道一筋に、生徒のため・保護者様のため、がむしゃらに頑張って27年。自慢の教え子は3000余名。「教育平成維新」をスローガンに、志高き若人の育成に邁進します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
育志館 開校です。
2009年3月23日(月)、育志館州見台スクールがついに開校しました。育志館は4人の塾長が熱き想いを注ぎ、創りあげてていく新しいカタチの学習塾です。4人の指導力・情報力・システム構築力・教材力を思う存分発揮し、地域内ナンバーワン・オンリーワンの塾創りに全力で取り組んでまいります。

①確実な学力の保証
②的確な進学指導
③生徒に志を!
④有益な情報の提供
⑤学力を支える様々なプログラムの提供

塾長 光田が27年の塾長暦を(指導経験・人脈)活かし、子ども達を「志高き若人」へと育ててまいりたく思います。どうぞ、新生育志館にご期待ください。ワンゼミ
スポンサーサイト
教育再生ボタン オン
kaitei.gif
文部科学省は19日、新しい学習指導要領の先行実施で小中学校の学習内容が増えるのに伴い、4月以降に教科書と併用する理科や算数・数学の補助教材と小学校5、6年の外国語活動で使う教材「英語ノート」を公表した。今月中に全国の児童生徒に配布する。

 教材は、新指導要領に基づく検定教科書が登場するまでの間、現在の教科書にない内容を盛り込む。教科書会社7社が文科省の委託を受け作成、小1-中1の算数・数学、小3-中1と中3の理科の計77種類ある。

 小5・算数では「台形の面積」が復活。最初から公式を示さず、三角形の面積公式を使って面積を出す方法を提示する教材もあり、新指導要領が重視する「知識の活用」にも留意していた。

 英語ノートは2分冊で、歌やゲームも盛り込み、簡単なあいさつや世界各国の文化も取り上げた。全体で計300語弱の英単語に触れることになる。曲を入れたCDや、パソコンで使うCD-ROM版のデジタル教材も学校に配る。(京都新聞)

学習内容を増やし、授業時間数を増やすことが、学力アップにつながると短絡的に考えることは非常に危険ですが、小学校は2011年度、中学校は2012年度から改訂された内容の教育が始まります。ただし、それに先立ち、2009年度から移行措置として、小学校と中学校で教育内容が一部変わります。
まさに日本の教育のリセットボタンが押される、それが今年なのです。育志館では、この改定を見据え、一部学習カリキュラムと授業時間数、受講選択教科などを熟考するとともに、基礎学力をサポートするオプション講座も充実させました。また、学力の伸長を促す心の成長も強力にサポートする企画にも工夫を凝らし、子ども達の闊達な成長を全面的にバックアップしてまいります。育志館にご期待下さい。
7つの理念
理念
育志館では
①塾運営 ②教師として ③学習指導 と3つの面において、計7つの理念を掲げております。
理念と申しましょうか、私たちの所信表明とも言うべきものです。
私たちの塾の一番の使命は「子ども達に志を!」です。これを達成するために様々な方面から子ども達にアプローチしてまいります。
育志館、間もなく開校です
日本の子ども達を取り巻く様々な問題を鑑み、グロバールな視点から21世紀標準の子ども達の育成を考える時、やはり「学力低下」の問題を避けて未来を語ることはできません。子ども達のいかなる能力低下が学力の低下を招いたのか? 我々ワンゼミ同志には明確な共通意識が内在します。指導力・教材力・システム力・情報力を兼ね備えたエキスパートの塾長達が、今共通の問題意識と理想を胸に、「教育界に平成維新を!」のスローガンも高らかに、高き志の門となるべく「育志館」を創設しました。子ども達の輝かしき未来のために、私たち育志館はあらゆる方面から全力でサポートしてまいります。どうぞご期待下さい。

当塾の名称「育志館」は、子ども達の進路、保護者の方々のニーズが多様化する中で、我々の塾がご提供できるサービスが、オンリーワンそしてナンバーワンであるという自負と、塾生達にもナンバーワンでありオンリーワンであって欲しいとの願いとともに、そのような生徒達を輩出できる一教育機関でありたいとの理念に基づくものです。
教室の空間できあがる
door.gif
本日は、教室の空間が現れ、戸がつきました。完成間近です。
州見台スクール内装工事
ワンゼミ3・11
今週の月曜日より、育志館州見台スクールの内装工事が始まりました。床が出来上がり、教室の柱が立ち始めました。完成は18日ごろの予定です。快適な学習空間づくりに配慮しておりますのでご期待ください。
初めまして。
京都府木津川市で、「進学の名門 育志館」という学習塾を経営しております。これから、「つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。」 の精神で、ブログ運営に努めてまいります。宜しくお願いいたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。